工場を建設する際に起きがちなトラブルとその防止方法について解説!

公開日:2023/02/15  最終更新日:2023/02/21


工場を建設する際には、注意しなくてはいけないポイントがあります。注意しないと、トラブルにつながってしまう可能性があるのです。工場の建設は、近隣住民にも関わることなので、対策しなくてはいけません。この記事では、工場を建設する際に起きがちなトラブルや、トラブルを未然に防ぐ方法などを詳しく紹介します。

工場を建設する際に起きがちなトラブル

工場を建設する際に、近隣住民とのトラブルにつながってしまう可能性があります。どのようなトラブルが起きるのか、事前に理解しておきましょう。

騒音

工事で機械や重機が稼働していると、大きい音が出てしまいます。騒音規制法で明確な数値が指定されているため、基準を超えてはいけません。基準を超えていなくても、早朝や深夜にまで騒音があると気になってしまう人は多いでしょう。仕事や勉強に支障が出てしまったり、眠れなくなってしまったりするなどのクレームにつながる恐れがあります。

振動

近隣住民にとっては、振動も気になります。窓が揺れて音がしたり床が揺れたりするほどの振動で、日常生活に影響が出てしまう可能性があるのです。騒音と同様に、早朝や深夜にまで振動があるとクレームがきてしまうかもしれません。振動基準法で定められている数値を超えないように注意し、対策する必要があります。

交通障害

工場によっては、交通障害が起きる場合があります。道路が通行できなくなったり、大きな重機が出入りしたりすることで一般車両に影響が出ることもあるでしょう。通勤時間帯などに交通障害が起きてしまうと迷惑がかかってしまうので、配慮が必要です。

ゴミやほこり

風などでゴミやほこりが飛び散る可能性があります。近隣住民の洗濯物を汚してしまったり、家や車などを汚してしまったりすることも考えられます。工場前の道路が泥で汚れていたら、通行人にも迷惑がかかるでしょう。細かい塵やほこりは、吸い込んでしまうと健康被害の恐れもあるので注意が必要です。

工場建設時のトラブルを未然に防ぐためには?

近隣住民とトラブルになってしまうと、通常通りの作業ができなくなってしまう可能性があります。そのため、トラブルを未然に防ぐために対策しておくことが重要です。

近隣住民に挨拶をしておく

まずは近隣住民に挨拶をしておくことが基本です。実際に顔を合わせて説明したほうが理解してもらえるのです。事前に説明を受けていたほうが、住民も安心するでしょう。スムーズに進めるために重要なことなので、建設前に挨拶は済ませておきましょう。一軒ずつ挨拶をするのが大変な場合は、説明会を開く方法もあります。工事の流れを説明したり、質疑応答の時間を設けておいたりするとよいでしょう。

防音パネルの設置

あらかじめ騒音や振動を抑える対策をしておくことが大切です。防音パネルや防音シートを活用しましょう。防音パネルや防音シートは、工場の規模に合った大きさのものを選び、しっかり対策することが重要です。

作業する時間帯を調整する

騒音基準法では、作業することが禁止されている時間帯や、最大の作業時間帯が定められています。そのため、作業する時間帯を調整することも重要です。早朝や深夜はクレームにつながりやすいので、近隣住民から理解が得やすい時間帯を選びましょう。

工場建設時の近隣対策を行う際に意識するべきポイント

工場の建設時に近隣対策を行うには、意識するべきポイントがあります。事前に意識するべきポイントを理解しておきましょう。

住民の気持ちを考える

近隣対策は、住民のために行うものです。クレームが来ないように対策しようと考えるのではなく、住民の気持ちを考えることが大切です。対策方法に迷ったときには、住民の立場になって考えると、よりよい対策ができるでしょう。

完璧な近隣対策は難しい

さまざまな近隣対策をすることは重要ですが、完璧に対策することは難しいのです。防音パネルや防音シートを設置しても、一切音が出ない訳ではありません。また、努力して近隣対策したとしてもクレームがくる可能性はあるのです。

建設会社選びに注意

自社で対策することも重要ですが、実際に現場で作業するのは建設会社の方々です。そのため、近隣対策を行ってクレーム建設会社を選ぶようにしましょう。打ち合わせ時に、どのような近隣対策を行うのかしっかり確認しておくことが大切です。もしクレームが来たときに対応できるように、近隣対策費を予算に入れておくとよいかもしれません。近隣対策費は、あらかじめ建設会社と話し合って決めておきましょう。

まとめ

工場の建設時には、注意していても騒音や振動は発生してしまいます。近隣住民とのトラブル未然に防ぐためには、事前準備や時間帯に注意することが必要です。近隣対策は、近隣に住んでいる方々の気持ちを考えながら行うことが重要です。事前にできる対策を行い、もしクレームが来てしまった場合には、柔軟に対応できるようにしましょう。また、近隣住民に安心してもらい円滑な関係を築くためには、事前に挨拶をしたり説明会を開いたりするとよいでしょう。必要に応じた近隣対策をしてくれるような建設会社を選ぶことも大切です。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

自社の工場や倉庫を建築したいと考えている企業は多いでしょう。そこで重要となるのが、工場や倉庫を建築する際にかかる金額です。どこの建設会社に依頼するかで金額は変わりますが、相場を知っておくこと
続きを読む
今よりも工場のスペースを広くしたいと考えている人や、会社の規模が大きくなったので工場を広くしなければいけないと考えている人は、工事のメリットとデメリットを知っておきましょう。たくさんのメリッ
続きを読む
はじめて工場を建設する際、まず、どの程度コストがかかるのか知りたいという方は多いのではないでしょうか。予算計画を立てるためにも、まずは費用感を把握する必要があります。ここでは工場を建設する前
続きを読む
工場建築関連コラム