工場建築を行う際のメリット・デメリットは?注意点

公開日:2024/01/15  最終更新日:2023/09/14

?

今よりも工場のスペースを広くしたいと考えている人や、会社の規模が大きくなったので工場を広くしなければいけないと考えている人は、工事のメリットとデメリットを知っておきましょう。たくさんのメリットがありますが、すべて会社の希望通りにならないデメリットもあります。今後の参考にしてください。

工場建築を行うメリット

メリットを4つ紹介します。今までよりも勤務環境が良好になることで、安全に快適にスタッフは勤務できるようになります。モチベーションもアップするでしょう。

操業を停止しなくても良い

現在稼働している工場を停止させる必要が無いので、生産性が低下する心配をしなくて済みます。建て替えなどを行うと、現在稼働している工場を停止させなければいけないので、経営状態が厳しくなってしまうことが考えられます。

これまでどおりに営業できるメリットは大きいでしょう。

面積が広くなる

スタッフの人数が増加すると、現在のスペースでは狭く感じてしまうときがあるでしょう。狭いスペースで仕事をしていると、ストレスを感じることが多くなってしまいます。

荷物や機械を設置しているスペースの間を、スタッフがすり抜けていくように移動しなければいけない環境は安全であるとはいえません。面積が広くなることで勤務しやすくなります。また、新たな設備を設置するためにスペースを広くする必要があるときにもメリットがあります。

コストを抑えられる

会社の経営に大きな影響を与えない方法が増築です。新築の場合は、大きなお金が動くことになるからです。コストを抑えながら設備投資すると利益が大きくなります。

作業効率のアップにつながる

作業効率をアップさせるために動線は重要です。無駄な動線を見直しましょう。また、動線上に設備や荷物が設置されていると、移動に時間がかかってしまうので整理整頓を心がけてください。

無駄な動きが少なくなると、スタッフのモチベーションが高まります。スタッフの人間関係にも良い影響を及ぼすでしょう。

工場建築を行うデメリット

4つのデメリットを紹介します。デザインを統一したい場合は、早めに業者に相談しましょう。外壁材や塗料などを統一しなければいけないからです。

制約が多い

会社が思い描いている理想の工場が建てられない可能性があります。その理由は、現在の工場に新しく建物を足すという考え方なので、さまざまな制約を受けることになるからです。

面積や構造上の問題は、会社ではコントロールするのが難しい問題なので、業者と打ち合わせを綿密に行い、完成図について合意できるようにしましょう。

信頼できる業者に依頼することで、こちらの希望を踏まえた計画を立ててくれる可能性があります。業者選びに失敗しないようにしましょう。

工事の騒音が大きい

仕事中に工事の騒音が気になるときがあるでしょう。業者は防音シートを張るなどして対策を講じていますが、それでも工事の騒音が耳に入るでしょう。スタッフに工事の理解を求めるようにしてください。

接合部の耐久性が低い

地震や台風などの自然災害が発生したときに、接合部の耐久性が低いので不具合が生じてしまう可能性があります。

古い建物と新しい建物を連結しているので、接合部が弱点になります。業者もそのことは理解していますが、万が一不具合が生じたときに、すぐに修理してもらえるようなアフターサービスがあるかどうか確認してください。

見た目の印象が悪くなる

デザインを統一したいと考えている会社には、適していない可能性があります。古い建物の外壁材の色と、新しい建物の外壁材の色が異なる場合は、見た目の印象が悪くなってしまいます。デザインや材質について相談したいときは、できる限り早めに行いましょう。

工場建築を行う前に知っておきたい注意点とは

2つの注意点を紹介します。法律の制限を受けるので、会社が思い描いているとおりにならないことが考えられます。柔軟に対応しましょう。

建築基準法の制限を受ける

工場を増築したいと考えている会社のすべての要望を叶えることは不可能です。その理由は、建築基準法の制限を受けるからです。こちらの細部について、経営者は知っておく必要はありませんが、建蔽率や容積率などの数字に基づいて工事することになります。

コストがかさむときがある

デザインを統一したいときや、接合部の耐久性を向上させたいときは、コストがかさむ可能性があります。工事の規模が大きくなると、予想以上の出費に驚いてしまうかもしれません。

事前に見積もりを業者に依頼しますが、本当に必要な工事のみ依頼する、予算の範囲内で工事する、新築のほうが適している場合はそちらを選択するようにしてください。たとえば、工場の老朽化が進んでいる場合は、新築のほうが望ましいでしょう。

まとめ

工場建築について分からないことがあれば、業者に相談しましょう。また、新築よりもコストが抑えられるメリットはありますが、それでも大きなお金が動くことに違いはありません。まずは業者に予算の上限を伝えておくと良いでしょう。そして、スタッフが安全に快適に勤務できるように工事するのは良いことなので、スタッフにも工事中の騒音について理解してもらいましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

自社の工場や倉庫を建築したいと考えている企業は多いでしょう。そこで重要となるのが、工場や倉庫を建築する際にかかる金額です。どこの建設会社に依頼するかで金額は変わりますが、相場を知っておくこと
続きを読む
今よりも工場のスペースを広くしたいと考えている人や、会社の規模が大きくなったので工場を広くしなければいけないと考えている人は、工事のメリットとデメリットを知っておきましょう。たくさんのメリッ
続きを読む
はじめて工場を建設する際、まず、どの程度コストがかかるのか知りたいという方は多いのではないでしょうか。予算計画を立てるためにも、まずは費用感を把握する必要があります。ここでは工場を建設する前
続きを読む
工場建築関連コラム