工場建築のローコスト化を実現したい!コスト削減のポイントを解説

公開日:2023/05/15  最終更新日:2023/05/23

工場建築のローコスト化

できる限り費用を抑えて工場を建築したいと考えていても、何を意識すればよいのか分からないという人もいるでしょう。ローコスト化を実現するためには、工法、材料、設備などのポイントを理解しておく必要があります。また、業者を選択するときも焦って選択しないようにしましょう。こちらで解説するので、今後の参考にしてください。

工場建築におけるコスト削減のカギはどこにある?

費用の目安や工期の目安はそれぞれ異なるので、目的に合わせた工法を選択しましょう。予算オーバーには注意してください。

■システム建築

システム建築は、設計、素材、生産などをコンピュータが行うので、工期がおよそ20%短縮するといわれています。

そのため、時間的な余裕がない人だけではなく、できる限り費用を抑えたい人だけではなく、工期を短縮したい人にもおすすめです。

また、ヒューマンエラーが発生しにくいので、一定の品質を確保できるメリットもあります。耐震性や耐久性に非常に優れているのでおすすめです。

倉庫だけではなく、事務所や工場などの設計にも対応しているので安心してください。費用の目安はおよそ4,000万円から、工期はおよそ3か月からとなっています。

■プレハブ建築

仮設倉庫というイメージを抱いている人も多くいますが、近年のプレハブ倉庫は、機能面が向上しているのが特徴として挙げられます。防音や防寒にも優れているので安心してください。

こちらのメリットは、工場で生産と加工を行っているのでコストを削減できます。

また、材料を現場で職人が裁断する必要がないので、工期の短縮も実現できるでしょう。こちらも工場や店舗、事務所などの設計にも対応しているので安心です。費用の目安はおよそ3,000万円から、工期はおよそ3か月からとなっています。

■テント倉庫

シンプルな構造が特徴として挙げられます。

また、システム建築やプレハブ建築よりもコストが抑えられるのがメリットです。ただし、紫外線や雨などで劣化が進行するのがデメリット。

目安として10年程度が経過すると、品質を確認する必要があります。そのため、長期的に倉庫が必要であると考えている人は、ランニングコストも含めて総合的に判断するほうがよいでしょう。短期間のみ設営を希望している場合におすすめです。

最近では、レンタルサービスも提供しているので、利用した期間のみ支払いを済ませられるようになっています。費用の目安はおよそ2,000万円から、工期はおよそ1か月半からとなっています。

工場建築における材料や設備の選び方でコストを抑えよう!

工場建築は、規格サイズで設計する、敷地が広い整形地に建てる、無駄のない工程管理を希望することで、コストを抑えられます。

■資材がポイント

できる限り規格サイズで設計するようにしましょう。特注サイズを採用するとコストが発生してしまいます。

また、配置も工夫するとコストダウンにつながるでしょう。

たとえば、鉄骨を均等に配置することで、建物のバランスが保たれます。すると、梁などで建物の強度を高める必要がなくなるのです。

■土地がポイント

敷地が広くて整形地であれば、コストを抑えられるでしょう。

敷地が狭いと、車の進入が難しくなってしまいます。そのため、工事に必要な資材などの搬入がスムーズに行われずに、工期が延長してしまう可能性もあるでしょう。また、地面が整形されていないと、そのぶん追加費用が発生することも考えられます。

■工程管理がポイント

日数を要する作業や足場の設置などに、無駄が生じないようにしてもらいましょう。

追加費用が発生するリスクだけではなく、工期が延長することで次の予定にも支障が出てしまいます。

工場建築のローコスト化に失敗しないためのポイント

何を優先したいのか明確にしてから業者に相談すると、打ち合わせがスムーズに進みます。

■複数の業者に見積もりを依頼する

時間がかかってしまいますが、工場建築のローコスト化を実現したい場合は、最初から1社に絞るのではなく、複数の業者に見積もりを依頼しましょう。

あまり費用をかけずに安定した品質を求めている場合は、競争見積もりをすることで、自分が望んでいるサービスを受けられる可能性が高まります。この際、予算の上限や工期の希望なども伝えておくとよいでしょう。

■品質とスピードのどちらを優先するのか明らかにする

スピード面でメリットがある方式と、品質面のメリットが大きい方式があります。

それぞれの方法の特徴を把握して希望しましょう。どちらにもメリットとデメリットがありますが、予算オーバーにならないように注意してください。

まとめ

まずは自分の目的に合った工法を選択する必要があります。短期的に使用するのであればテント倉庫がおすすめですが、長期的に使用する場合は張替などのランニングコストが発生するのでおすすめしません。このように、工法の特性、メリット、デメリットを理解しておきましょう。次に、資材、土地、工程管理のポイントを理解してください。追加費用が発生しないように気を付けると、コストを削減できます。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

自社の工場や倉庫を建築したいと考えている企業は多いでしょう。そこで重要となるのが、工場や倉庫を建築する際にかかる金額です。どこの建設会社に依頼するかで金額は変わりますが、相場を知っておくこと
続きを読む
今よりも工場のスペースを広くしたいと考えている人や、会社の規模が大きくなったので工場を広くしなければいけないと考えている人は、工事のメリットとデメリットを知っておきましょう。たくさんのメリッ
続きを読む
はじめて工場を建設する際、まず、どの程度コストがかかるのか知りたいという方は多いのではないでしょうか。予算計画を立てるためにも、まずは費用感を把握する必要があります。ここでは工場を建設する前
続きを読む
工場建築関連コラム