工場建築は外観デザインも大切!外観にこだわるべき理由とは

公開日:2022/10/15  最終更新日:2022/10/11

工場の外観といえばグレーで無機質な箱をイメージしてしまいますよね。ひと昔前の工場はそのような外観が多く、またそれが当たり前で、何かを求める対象ではありませんでした。しかし今は違って、工場にもスタイリッシュな外観が求められています。ここでは工場の外観にこだわるべき理由やデザインを決める際のポイントについてご説明します。

工場の外観デザインが大切な理由

なぜ工場の外観にこだわるべきなのか、まずはその理由、メリットを確認しておきましょう。

従業員の満足度が上がる

工場の外観が洗練されていると、毎日工場で長い時間を過ごす従業員の満足度が上がり、モチベーションや帰属意識の向上につながるでしょう。その結果、業績アップにもつながるかもしれません。

取引先への印象が良くPR材料にもなる

取引先にも積極的に訪問してもらうことで、自社の印象を良くすることができます。工場が洗練されていると、製造管理や製品の品質そのものへの信頼にもつながり、良いPR材料となります。

採用活動に有利にはたらく

同じような業界、業種の工場で働くなら、外観がスタイリッシュでセンスのいい工場で働きたいと思うのが自然な感覚でしょう。募集記事に写真を掲載できる点も求人に有利といえます。

企業の魅力がアップする

工場の外観がおしゃれでスタイリッシュだと、企業そのもののイメージも自然と良くなり、魅力があると感じてもらえます。とくに工場は未だにグレーの箱のイメージが根強いので、そのギャップによってインパクトを与えられます。

地域に受け入れられる

工場の建設には近隣住民の理解が欠かせません。工場には騒音や排水、排気による汚染といった、ネガティブなイメージがどうしてもついて回りますが、外観が洗練されていると、一転してクリーンなイメージに変わります。自慢のランドマークになるかもしれず、印象が変わればそこで働きたいという人も出てくるかもしれません。

避けたほうがよいこれまでの工場の外観デザイン

一昔前の工場の外観は、何となくイメージできると思いますが、改めて確認することで、イメージを刷新することの重要性を認識できるでしょう。

工場といえば、色はグレーでデザインはこだわりのないシンプルさ、全体のイメージとしては無機質で味気の無いものでした。このような外観からは、実際の工場内の環境がどうであれ、冬は寒く夏は暑い、埃っぽい、汚いといったネガティブな印象を抱かれてしまします。

工場での人材確保や技術の継承には、若い人材が入社して働き続けてくれることが重要ですが、以前のようなイメージのままでは、働きたいと思ってもらいにくいはずです。逆におしゃれでスタイリッシュな外観だと、そのこと自体が働く動機にもなるでしょう。

工場の外観デザインを決めるときのポイント

いざ工場の外観のデザインを決める段階になると、理想とするイメージを具体的なデザインに落とし込んでいかないといけませんが、何を手掛かりに決めていけばよいのでしょうか。ここでは企業のイメージ通りのデザインを起こすために、ポイントとして色の選び方を押さえておきましょう。

企業のイメージカラーを反映させる

企業のオフィシャルロゴの基調色のように、A社といえばこの色という色がある場合は、デザインに反映させましょう。ない場合は提供する商品やサービスから連想される色や、社内公募で人気があった色などを取り入れてもよいでしょう。

事業内容のイメージを反映させる

事業内容から連想されるイメージカラーを取り入れるのも一つの方法です。たとえば物流や運送系の企業であれば、スピーディーで的確なイメージのブルー系を採用するというように、企業や事業のイメージと工場の外観イメージを合わせていくことも価値あるデザインといえます。

企業が理想とするイメージを反映させる

環境負荷の軽減に力を入れていることを表現するために、グリーンをベースにする、起業したてのやる気と情熱を表すために、赤系の色をベースにするなど、理念や理想、想いなどを表す色を取り入れてもよいでしょう。

工場の外観にこだわりたいけどここが気になる

ここではコスト面など、外観にこだわる際の気になるポイントを押さえておきましょう。

外観にこだわることで建築コストはかさむのか

デザインと素材によってコストは大きく変わります。シンプルなデザインでも一昔前のような無機質なものではなく、スタイリッシュなデザインにすることができるので、予算を伝えたうえで提案してもらいましょう。

耐久性に問題はないか

耐久性は企業活動をするうえで、重要視しないといけないポイントですが、その為にデザインで妥協するということにはならず、両立することは可能です。安心して働けて、かつスタイリッシュな工場を目指しましょう。

外装だけでなく内装にもこだわりたい

工場で働く従業員にとっては、内装が充実していることも大変重要なポイントです。外装内装の両方ともこだわることももちろん可能ですし、トータルで見たデザインのバランスも重要だといえます。

まとめ

最近は、一昔前と違って工場の外観にこだわることで、企業のイメージアップにつなげるケースが増えています。スタイリッシュな工場は、働く従業員のモチベーションアップにつながり、地域の住民にも歓迎されやすくなるなど、メリットがたくさんあります。

視覚が与える印象はとても大きいです。ここで働きたいと思うような印象を持ってもらうためにも、これから工場を建てる方は、外観のデザインにこだわりましょう。

おすすめ関連記事

検索

【その他】山口県の工場建築業者一覧

【NEW】新着情報

日本の物流や雇用を支えるにあたり、工場が建つというのは、とても大切で意義のあることです。しかし実際に工場を作りたい!と思っても、具体的にどのように順序立てて、建築依頼をすれば分からない方も多
続きを読む
工場の外観といえばグレーで無機質な箱をイメージしてしまいますよね。ひと昔前の工場はそのような外観が多く、またそれが当たり前で、何かを求める対象ではありませんでした。しかし今は違って、工場にも
続きを読む
事業拡大に向けて、工場建築を検討している企業は多いでしょう。多額な資金を払って建築する工場のため、納得のいくものにしたいですよね。そんな納得のいく自社工場を造るためには、見積もりが非常に大切
続きを読む